スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

政局混迷すると外国人投資家の日本離れが加速

森奥の呪縛
   安倍晋三首相の突然の辞意表明と、それに伴う自民党の総裁選突入により、株式市場には微妙な風が流れている。最大の懸念は「政局や新首相の動向次第で、外国人投資家が日本離れを加速させる可能性がある」(市場関係者)ことだ。 外国人投資家が「売り越し」   2007年9月12日の安倍首相の辞任表明報道直後には、日経平均株価は前日終値比150円以上も急騰した。参院選大敗から続く政局混乱への不安が後退したためだった。しかし、その直後には、政局混乱の不安が再び浮上して売り注文が優勢となり、同日の終値は同80円安と乱高下して取引は終わった。   14日には自民党総裁選で福田康夫元官房長官の優位が伝わり、日経平均株価の終値は同300円強の大幅高となり、1万6000円台を回復した。


参院選最新情報は・・・永田町インサイドあなたの知らない政治の世界



「政治の混乱が早期に収束する」との安心感が広がったことが株価を押し上げる一因となった。   安倍首相退陣や自民党総裁選に振り回されている形の日本株だが、市場では「政局が株式市場に与える影響は過去の例から見ても短期的なもの」(大手証券)との見方が一般的だ。しかし、今回の場合、政局を巡る不安が通常と比べて小さくないのも事実。不安の要因は、日本市場を動かす最大のプレーヤーである外国人投資家の動向だ。   東京証券取引所が13日に発表した9月第1週(3~7日)の投資部門別売買状況(東京、大阪、名古屋3市場)の調査では、外国人投資家が3週間ぶりに、売った額が買った額を上回る「売り越し」になった...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


永田町インサイドあなたの知らない政治の世界


◆参院選関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆参院選関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

2007年09月27日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。