スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

◎福田総裁「考え近い」と歓迎=「政治とカネ」ではあつれきも-公明

危機の政権
 公明党は23日、自民党新総裁に福田康夫元官房長官が選出されたことを歓迎している。タカ派色の強かった安倍晋三前総裁に比べ、地方重視の姿勢やアジア外交、福祉政策などで「基本的な考え方が近い」(幹部)と評価しているためだ。小泉政権以来の構造改革路線の修正も期待している。 公明党の太田昭宏代表は同日、党本部で記者団に「新しい気持ちで連立政権の協議をしたい。何よりも国民生活に着目をした視点がしっかり入っていくような政治が大事だ」と述べ、24日の自民党との政権協議では、格差是正や地方重視の施策実施を求める考えを強調した。


参院選最新情報は・・・永田町インサイドあなたの知らない政治の世界



その上で「いい話し合いが必ずできる」と語った。 公明党は参院選での大敗を受け、構造改革路線の修正を求めており、同様の考えを示す福田氏に期待を寄せている。 ただ、「政治とカネ」の問題をめぐっては立場に違いがある。政治資金収支報告書の「1円以上」の経常経費支出(人件費を除く)に領収書添付を義務付けることに、福田氏は消極的な立場だ。これに対し、公明党は政治活動費まで含めるよう主張、独自色発揮に意欲を示している。 

(引用 livedoorニュース)


永田町インサイドあなたの知らない政治の世界


◆参院選関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆参院選関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

2007年09月28日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。